白髪を抜くと増えるって本当?

昔から良く言われるのが 「白髪を抜くと増える。」 これって本当なのでしょうか?

結論から言えばこれは全くの嘘。迷信です。医学的にも白髪を抜いたことで白髪が増えることはないと証明されているそうです。

髪というのは元々白色であり、頭皮のメラノサイトの働きにより髪に色素が付くものです。よって、白髪というのは本来色が付くはずだったのにメラノサイト細胞の働きが弱まったために色が付かなかったという状態です。メラノサイトというのは毛根と直接的な関係はなく、髪を抜くことでメラノサイトの働きが弱まるということはないのです。

ただ、だからといって白髪を見つけたら抜けば良いのかといえば「No」です。

髪を抜くことで毛根にダメージが与えられるため、薄毛の原因になることがあるのです。

また、白髪を抜いた後でまた生えてきた際に白髪だけが「ぴょん」と飛び出るので見た目的にもよろしくありません。

基本的には髪を傷めないトリートメントタイプの白髪染めでカラーリングをするのが一番頭皮にも負担をかけないで対処することができるわけです。

白髪の人はハゲにならないって本当?

白髪の人は薄毛・ハゲにならないということも良く聞く話しです。
これも本当なの?

と思いますが、やっぱり「嘘」です^^
白髪と薄毛に因果関係は全くありません。

ただ、髪全体が真っ白な人が薄毛になってもその違いが分かりにくいという点はあるかと思います。要は印象の問題ですね。

白髪だと薄毛にならないということではなく、薄毛になっても目立たないという方が正しいでしょう。

ともかく単なる迷信です。