ストレス性の白髪について

白髪の原因は様々で実際メカニズムは完全には解明できていないわけですが、その中でも「ストレス」が原因でおこる白髪というものもあります。

ストレスが原因というのはどういうことかといいますと、ストレスによって頭皮の血行が悪くなり、それが毛根のメラノサイト細胞の働きが悪くなったために髪が黒くならず白いまま生えてくるという状況です。

ちなみにストレスによる頭皮の不調という意味では円形脱毛症というのも有名な症状ですよね。

毛根というのはストレスに弱いといえるでしょう。

髪は生命力といわれることもあり、髪の毛の状態がその人の体内が元気かどうかというのが現れるのです。

ストレスが要因で白髪になった場合には、そのストレスの要因が取り除かれると元の黒髪に戻ります。

髪の毛の先端が白くて、根元が黒くなっていきます。

多少のストレスは日々あって当然ですが、過度なストレスは体の様々な箇所に悪影響を与えます。

よってストレスが長期に渡って続く状態は避けなければいけません。

急に白髪が増えた場合には、ストレスがないかを考えて、ストレス性だと判断した場合には努めてリフレッシュする必要がありますね。