利尻ヘアカラートリートメントは染まらないのか?

利尻ヘアカラートリートメントの口コミ情報で「あまり染まらなかった」という意見が時々見受けられます。

しかしながら、逆にレフィーネやシエロのヘアマニキュアでは染まらなかったのに利尻ヘアカラートリートメントは意外なほど染まった。という口コミもあり一体どっちが本当なの? と疑問に思われる方が多くいらっしゃいます。

私も利尻ヘアカラーを愛用していますが、ある方法で染めると綺麗に染まることが実感として分かっています。

利尻ヘアカラーで綺麗に染めるための3つのポイント

利尻ヘアカラーに限らずですが、髪を傷めないトリートメントタイプの白髪染めで染めるには以下の条件下で使うと良く染まります。

お風呂場の室温を高くしないと染まり難い
利尻ヘアカラーはお風呂場で染めるタイプですがお風呂場が寒いと染まり難いです。浸透させておくときだけでも換気扇を止めるなどして暖かくしておくと良く染まりますよ。
白髪染め用のキャップをかぶると染まり方が明らかに違います
白髪染めの染まりを良くするための保温キャップを被ると非常に染まり方が良くなります。おすすめはこちらです⇒ミラージュキャップ4枚入り1764円
1回で染まるわけではない
染まらないと文句を言っている人の多くが1度で綺麗に染まると思っている方が多いです。ある程度色が付くまで、最低でも3日間は毎日使うようにすれば序々に染まります。

最初のうちはあまり染まらないと焦るかもしれませんが、回数を重ねていくことで序々に綺麗に染まっていくというタイプなので、ある程度染まるまでは使用頻度を高めた方がよいです。
また、ルプルプはシャンプー前の使用を推奨していて実際良く染まるので、利尻ヘアカラーもシャンプーする前に髪が乾いた状態で使ってみたらその方が良く染まりました。染まりにくいと感じる方はお試しあれ。

染まるかどうかは使い方次第 利尻ヘアカラートリートメント