「くろめ昆布」を使った白髪染め「くろめヘアカラートリートメント」

※実際に使ったBefore/Afterの写真をこのページの下の方に掲載しました。

ここ数年利尻昆布やガゴメ昆布といった昆布を使った白髪染めが非常に売れているわけですが、今度はサラヴィオ化粧品から「くろめ昆布」を使った白髪染めが発売されました。

公式オンラインストアはこちらです

くろめヘアカラートリートメントと利尻ヘアカラーやLPLPとの共通点と違い


利尻ヘアカラーやLPLPと何が違うの? と思われるでしょう。
まず利尻ヘアカラーやLPLP(ルプルプ)の良い点は引き継がれています。

・髪に艶が出る。
・髪が傷まない
・いやな臭いがしない
・面倒な準備無しに簡単に染められる


という利尻ヘアカラーやLPLPが売れた要因については「くろめヘアカラートリートメント」も同様です。

違うのは「染まりやすさ」「色抜けのしづらさ」です。今までのヘアカラートリートメントは髪を傷めない代わりに染まりずらかったり、退色が早かったりといった実用面でのデメリットはありました。

サラヴィオのくろめヘアカラートリートメントはくろめ昆布に含まれる「フロロタンニン」という成分によって紫外線からのダメージから守ってくれるため、色落ちがしにくいという利点があります。

また、旭化成ケミカルズJVの「ぺリセア(ジラウロイルグルタミン酸Na)」という成分により髪をトリートメントしつつしっかり染められるのです。

髪を傷めないタイプの白髪染めはまだ数年の歴史しかないため、後発の商品の方がより現状の問題点を改良して作られます。なので利尻ヘアカラーよりはLPLP(ルプルプ)の方が染まりますし、このくろめヘアカラートリートメントも従来のよりもより染まるように工夫されています。



【体験談】 くろめヘアカラートリートメントで実際に白髪を染めてみた

とりあえずこんなサイトを運営している手前(^^)、良さそうな新しい白髪染めを見つけたら買うことにしているのでサラヴィオの「くろめヘアカラートリートメント」も買ってみました。

今のところ色味はダークブラウンしか無いんですよね。写真を見て分かるとおり見た目は真っ黒な感じのダークブラウンです。明るめの色がもう一色あるといいんだけど。。。

香りについては無香料でツンとする臭いは一切ありません。

こんな感じで染まりました

上の写真で伝わるか分からないですが、結構一回目からしっかりと染まってくれました。利尻ヘアカラーやレフィーネと比べると染まりの良さは歴然です。

色がダークブラウンしかないことを除けば特に不満は感じませんでしたよ。

しっかり染めるためにはシャワーキャップが必要なのですが、あらかじめシャワーキャップとくしがセットになっているのも嬉しいポイントでした。髪質によっても染まりやすさは違うので一度使ってみると良いですよ。