昆布が髪に良いって本当?

最近発売されている白髪染めって昆布の成分が入っているものが多いですよね。

まあ多いっていっても利尻ヘアカラートリートメントルプルプ(LPLP)がそうってだけなんですが、他にも有名じゃない白髪染めとか楽天市場で見ていてもガゴメ昆布の白髪染めとか色々売られています。

利尻ヘアカラーがあれだけ売れたのも利尻昆布のエキスが髪にとても良くて使うと髪がさらさら、つやつやになるので人気になったんですよね。

タカラバイオはフコイダンの専門家

利尻昆布とガゴメ昆布のどちらが良いのかは私は昆布の専門化じゃないので分からないですが、ルプルプをJコンテンツと共同開発したタカラバイオは昆布から取れるフコイダンを研究している専門家です。ガゴメ昆布というのは昆布のなかでも特に品質が良いのだそうです。

今後はルプルプの方が売れるかもですね。

さて、この昆布ですが、昆布に水をかけると凄くねばーっとしたエキスが出るのですが、この中にフコイダンという成分が入っています。

このフコイダンが物凄い保湿力を発揮するのだそうです。

使えば分かるその髪のつるつる感

実際使ってみると分かりますが、非常に髪がつるつるになりますし、素手でゴシゴシと髪にすり込んでも髪は傷むどころかつるつるになりますし、地肌が痒くなったりもしません。

やはり昆布エキスというのは髪に非常に良いものなのでしょうね。

テレビでもケンミンSHOWでがごめ昆布が美容や健康に良いという特集も組んで今非常に注目されています。

海草って大体身体に良いですし、その成分もネバネバ系の成分はお肌に良いものが多いですから昆布のフコイダンも髪をいたわるのには最適なのでしょう。

ルプルプのラインには白髪染めではなく育毛剤もあるのですが、こちらもガゴメ昆布のフコイダンが入っており、髪が非常につやつやになるんですよ。

というわけで昆布は今後はもっと注目されるでしょう。

ガゴメ昆布は何が凄いの?

ルプルプ 白髪用ヘアカラーでは髪のトリートメント成分として「がごめ昆布」を使っています。

がごめ昆布というのは函館の限られた地域でしか取れない昆布です。北海道産の昆布のわずか数パーセントしか無い希少価値の高い昆布なんですよ。

このがごめ昆布、フコイダンが通常の昆布よりも多く取れるんです。
しかも非常に粘り気が強いのが特徴で、このネバネバ成分が髪にも良いのです。

昆布は表面をフコイダンのネバネバ成分で本体を保護しています。要するにフコイダンのネバネバ成分によって髪を保護できるというのが昆布の成分が入った白髪染めを使うと髪がつるつるになる理由なのでしょう。

健康面でも注目の成分

ガゴメ昆布は髪に良いだけでなく健康面でも注目されています。

がごめ昆布に多く含まれている天然多糖類のアルギン酸は高血圧を予防すると言われていますし、他にも動脈硬化の予防、糖尿病の予防など成人病の予防に良いのではと研究されていて今後「ガゴメ昆布」という言葉は世の中にもっと浸透していくと思いますよ。

魔女たちの22時でガゴメ昆布が特集されていました

ガゴメ昆布について紹介しましたが、この昆布はケンミンSHOWの他、魔女たちの22時でも紹介されています。
本当に注目の成分なんですよ。

番組の内容は、いとうあさこさんが全国のご当地美容法を取材するという企画でした。

場所は北海道は函館市。
地元の名産「巨大昆布のガゴメ昆布」

その長さ2メートル、重さ100kgという巨大なガゴメ昆布ですが、表面のぬるぬる成分が美肌に良いということでお肌に実際に塗って美肌効果があるのかどうかを検証。

ガゴメ昆布のぬるぬる成分はフコイダンですが、これは生の状態でお肌に塗るよりも、乾燥させたガゴメ昆布をミキサーで粉状にしてお湯を加えてぬめり感を出したものを使った方が効果が高いそうです。

美肌に欠かせない保湿成分が普通の昆布と比べて10倍以上も多く含まれているのがガゴメ昆布の特徴です。

このぬるぬる成分をいとうあさこさんがパックしたところ、当時実年齢が39歳でBeforeの肌年齢測定が48歳だったのがAfterで28歳まで若返ったという番組でした。

肌年齢というのは肌の水分量で決まるものなので、ガゴメ昆布でパックしたことによってお肌の水分量がかなり上がったことになります。

最近ではルプルプの白髪用ヘアカラートリートメントでもガゴメ昆布を配合して髪を傷めないという白髪染めが発売され注目されています。

ガゴメ昆布は今年ブレイクする成分になるかもしれませんね。

利尻昆布のヘアカラー「利尻ヘアカラートリートメント」

ルプルプ(LPLP)白髪用ヘアカラートリートメント