白髪染めの種類

白髪染めは大きく分けると以下の3種類に分類されます。

種類 髪の傷み 色味 ニオイ 特徴
ヘアカラー 豊富 刺激臭 黒髪も含めよく染まるが髪が傷み、独特の嫌な刺激臭がある
ヘアマニキュア なし 黒髪は殆ど染まらない。髪が傷まず嫌な臭いもない。2〜3週間で序々に色落ちする。
白髪隠し(部分染め) なし 何時でも白髪をピンポイントで染められるが、シャンプーすれば色落ちする

ヘアカラーの特徴

ヘアカラーは髪のメラニン色素を分解して脱色し、ジアミン系染料を髪の内部に浸透させて染める方式です。

特徴としては色の種類にバリエーションを持たせやすいことと、非常に良く染まるため白髪の方だけでなく黒髪を明るい色に染めたりもできるということです。

その反面、髪や頭皮を非常に傷めますので、髪がぱさついたり、艶が無くなったり、薄毛になったりする可能性があります。また、アンモニアを使用するため染める際に強い刺激臭が発生します。

ヘアマニキュアの特徴

ヘアマニキュアは髪の表面を染料でコーティングするようにして染める方式です。

特徴としては、ヘアカラーのように脱色をしないため髪が傷まないということがメリットです。また、ヘアカラーのような刺激臭はありません。

その反面、ヘアカラーほどは染まりが良くなく、白髪は染まりますが黒髪を明るくすることが難しいです。また、髪をコーティングしているだけなのでシャンプーする毎に序々にカラー剤が取れてしまうため2〜3週間程度しか色が持たないため、こまめに染める必要があります。

白髪隠しの特徴

白髪隠しはヘアマニキュアの一種で、白髪に染料をマスカラなどで塗ることによって白髪を一時的に隠すタイプです。

特徴としては塗るだけなので染めたいときに5分間程度でささっと短時間で染められることです。ただし、シャンプーすれば序々に取れますので毎朝お出かけ前に染めないといけないという面もあります。

こちらが色落ち少なく逸品です >>> シラガネーゼ

白髪染めの色の選び方


●髪の硬い方
髪質が硬い方はダークブラウン系の色が適しています。
変に重たさを隠そうと明るめの色で染めるとボリューム感が増して見えてしまいますので注意しましょう。

●髪にハリやコシがない方
髪が細い方の場合には逆にボリューム感を出したいですからライトブラウンなどの明るめの色が適しています。

●髪が傷んでぱさついている方
ダークブラウンや赤みのある色が適しています。ダーク系のカラーは艶感を与えます。

色味が多いのはこちら >>> レフィーネ

髪を傷めない白髪染めランキング

商品名 価格 特徴
レフィーネ ヘッドスパトリートメントカラー 3,500円
送料500円
レフィーネ ヘッドスパトリートメントカラー
髪を染めるだけでなく、頭皮マッサージができる白髪用ヘアカラートリートメント。
2012年、遂に利尻ヘアカラーや従来のレフィーネを圧倒的に超える使用感の白髪染めが誕生しました!
利尻ヘアカラートリートメント 3,150円
送料525円
利尻ヘアカラートリートメント
日本で一番売れている白髪用ヘアカラートリートメントです。
ルプルプ(LpLp) 1,980円
送料500円
LPLP(ルプルプ)
よく染まって髪も傷みません。